読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・どんぐりも背くらべ

童話作家・九十九耕一のブログ

島根旅行 その6 旧大社駅

 須佐神社を後にし、出雲市駅に戻ってきたのが10時過ぎ。今度は電鉄出雲市駅から出雲大社前駅へ移動。この線は一畑電車なので、パーフェクトチケットが使える。時間帯のせいか、車中はガラガラ。

f:id:korukun9951:20130617143336j:plain
 川跡駅大社線に乗り換え。隣のホームに、レトロでかわいい電車が停まっていたので、撮影。
f:id:korukun9951:20130617143517j:plain
 と、思ったら、自分たちの乗る大社線はもっとレトロだった。鉄道ファンでなくても、ちょっと嬉しい。
f:id:korukun9951:20130617143624j:plain
 車掌さんは女性で、「左手に見えて参りましたのは~」と観光案内もしてくれる。
 10:43出雲大社前駅着。かわいらしい駅だ。
f:id:korukun9951:20130617144536j:plain
 駅敷地内には、日本最古級の電車が展示されていた。「デニハ50型・52号車」だそうです。詳しいことはわからないけれど、車内も見ることができて、ウキウキする。
f:id:korukun9951:20130617143723j:plain
f:id:korukun9951:20130617143825j:plain

 古い電車を見た勢いで、旧大社駅見学に出発!……と書くと、まるで予定通りの行動のようだけれど、そうではない。本当は出雲大社に行く予定だったのだけれど、相方が進むべき方向を間違えたのだ。
「こっちでいいの?」
 確認する私に「うん」と、なんでもないことのように答える相方。私はなかなかの方向音痴なので、そう言われたら従ってしまう。
 方向音痴の私が、なぜ進行方向に違和感を感じたのかと言えば、山を背にして歩いていたからだ。多くの神社が、山そのものをご神体としている。なので、山を背にして歩くことが不自然に思えたのだ。
 途中で間違いに気づいたけれど「ここまで来ちゃったから、旧大社駅を見よう」ということになった。出雲大社の近くに来てしまえば時間に余裕があるので、こんな失敗もOKなのです。
 とは言うものの、けっこう歩く。パーフェクトチケットでバスに乗れるから、バスを使えばよかったと思い始めたころ、旧大社駅に着いた。
f:id:korukun9951:20130614111008j:plain
 なんてどっしりとした駅なんでしょう! 1990年まで使われていたそうで、友人が昔、出雲大社へ行ったときには、この駅に降り立ったと言っていた。かわいい出雲大社前駅もいいけれど、この駅に降り立ったら「出雲に来た!」という思いも一入でしょう。
f:id:korukun9951:20130617144033j:plain
f:id:korukun9951:20130617144310j:plain
 きっかけは進行方向の間違いだったけれど、来てよかった。
 戻りはバスで、と思ったけれど、時間が合わず、また歩く。この日もカンカン照りだったので、ちょっとつらい。
 途中「道の駅」があったので「ちょっと寄って、ソフトクリームでも食べよう」ということにした。道の駅って、地元の特産品とか、お土産とかが売られているイメージだったけれど、いろいろあるようですね。ここは「資料館」という要素が強く、お土産は見当たらなかった。ソフトクリームもない。もう、まっすぐに出雲大社を目指す。