続・どんぐりも背くらべ

童話作家・九十九耕一のブログ

町田天満宮

 仕事で町田に行ってきました。駅からさほど遠くないところに、町田天満宮があるります。
 今回の仕事は、とある放課後教室で豆本ワークショップについての打ち合わせ。学校関係と言えば言えるので、天満宮への参拝は、なかなかふさわしいのではないでしょうか?
 歩道橋を渡ると鳥居が見えました。うーん、鳥居を見下ろす参道は初めてかも。

f:id:korukun9951:20180930204051j:plain

f:id:korukun9951:20180930204349j:plain



 三対の狛犬の中でも、こちらの狛犬が一番古そうでした。

f:id:korukun9951:20180930204237j:plain
 天満宮なので、もちろん、牛もいます。

f:id:korukun9951:20180930204319j:plain
 はたと気づいたのですが、ここへ来る前に、築地の吉野家1号店で牛丼を食べていました! ううっ、失礼に当たらないといいのですが……。そっと鼻を撫でる。

f:id:korukun9951:20180930204549j:plain
 初めて来たご挨拶をし、今日の打ち合わせが実りあるものになることを祈願しました。

 隣にもお社があるので、ご挨拶。恵比寿様の像があります。

f:id:korukun9951:20180930204752j:plain

f:id:korukun9951:20180930204827j:plain
 こちらの狛犬も味があります。

f:id:korukun9951:20180930204917j:plain

f:id:korukun9951:20180930205123j:plain

 境内には稲荷神社もありました。神狐が涼やかな少年のようです。

f:id:korukun9951:20180930205101j:plain
 御朱印をいただき、おみくじを引いてみると、大吉! どうやら牛丼は許していただけたようです。

f:id:korukun9951:20180930205209j:plain
 おかげさまで打ち合わせもうまくいきました。子どもたちに楽しく豆本を作ってもらえそうです。

 ちなみに、町田市のマンホールがこちら。

f:id:korukun9951:20180930205641j:plain
 最初「ジャンボ焼き鳥(皮・タレ)」かと思ったのですが、そんなわけはありませんね、サルビアでーす。


人気ブログランキング

にほんブログ村

吉野家1号店

f:id:korukun9951:20180930181146j:plain
 昨日、吉野家に牛丼を食べに行ってきた。吉野家はあちこちにあるから、べつにブログに書くほどのことでもないだろう。しかし「1号店で」となれば、話は別だ。

 吉野家1号店は、築地場内にある。今まで何度も築地に行ったことはあるし、「いつかは1号店で食べてみよう」と思っていた。しかし、いざ行ってしまうと、なかなかチェーン店である吉野家に入ろうと思えない。築地には、魅力的な店がたくさんあるのだ。また今度、また今度と思っているうちに、とうとう豊洲に市場が移転する期日が間近にせまってしまった。吉野家豊洲に移るらしいけれど、吉野家が始まったこの場所で牛丼を食べることは、もうできない。1号店は10月6日をもって閉店となる。行くなら今しかないのだ。

 この日、私は町田で仕事の打ち合わせがあった。打ち合わせが終わってから行こうと思ったのだけれど……待てよ。
 営業時間を調べてみる。午前5時~午後1時。
 やっぱり! 築地場内の店だ。市場で働いている人の時間帯に合わせているに決まっている。となると、打ち合わせの後では間に合わないではないか!
 1号店での牛丼を諦めるか、早起きするか。もちろん早起きを選ぶでしょう。午前2時就寝、午前5時半起床という、けっこうつらい思いをするけれど、止むを得まい。

 午前7時20分、築地着。食堂が並ぶ辺りに行くと、すでに客が行列を作っている。私は吉野家に一直線。幸いさほど並んでおらず、5分待っただけで入ることができた。

f:id:korukun9951:20180930183415j:plain

「並で」なんていうのは、よその吉野家でする注文だ。1号店は細かい注文ができると聞いている。
「並で、トロだく、ネギやわってできますか?」
「トロだく」とは、脂身多めのこと。「ネギやわ」は玉ねぎ柔らかめのこと。
「トロだくはできますけど、ネギやわはどうかな?」
 店員さんが奥に確認しに行こうとするので、慌ててネギやわは取り消した。混んでるのに、余計な手間は増やしたくない。「トロだく」と注文できただけで充分。

 壁には箸立てがついている。忙しい市場の人が、立ったままでも食べられるようにつけられたのだと聞く。

f:id:korukun9951:20180930183558j:plain

 混んでいても、注文すればすぐに出てくる。
 なるほど、脂身が少し多いようだ。

f:id:korukun9951:20180930183705j:plain
 紅生姜はちょっとだけ、が私の流儀。七味をふりかけて、いただく。
 やっと1号店で食べられた。最初で最後の、1号店での牛丼。間に合ってよかった。
 しかし、いろんな思いをかみしめて食べるのはよろしくない。さっと食べて、さっと出る。
 店を出てみると、吉野家にも行列ができていた。みんな、1号店で食べておきたいんだねー。

 この後、八千代でチャーシューエッグも食べようと思っていた。ところが、八千代のある通りに行ってみると「行列」どころの騒ぎではない。どの店の前にも行列ができていて、もはやどれがどの店の列なのかわからない。いや、列ですらなく、人間を組み合わせた巨大な塊と化していた。これはもうお手上げだ。
 そういうわけで、大人しく仕事に向かったのでありました。


人気ブログランキング

にほんブログ村

しその実醤油漬け

 アパート脇の駐車場に自生しているしその実が、摘みごろになった。今年も楽しませてもらいましょう!

f:id:korukun9951:20180930172656j:plain
 まずは穂の部分だけを摘み取る。たちまちやぶ蚊に取り囲まれる。
 蚊にしてみれば、エサの方から我が家にやってきてくれた状態だろう。親戚もご近所も呼び集め、私の血を吸おうとする。私としても予想はしているから、長袖長ズボンで、できるだけ肌の露出を避けている。今回も刺されることなく、無事収穫。
 全部摘んでしまうと、来年、シソが生えてこないので、ほどほどにしておくことが大切。

f:id:korukun9951:20180930173318j:plain
 虫が隠れているかもしれないので、しばらく水に漬ける。
 テレビを見ながら、実をしごき取る。根元から先へしごくよりも、先から根本へしごいた方が、実を取りやすい。思っていたより採れたので、ほくほくだ。
 穂を摘む際に、いっしょについてきてしまった小さな葉も使うことにする。

f:id:korukun9951:20180930173621j:plain
 ここまでくれば、あとはカンタン。予め熱湯消毒しておいた小瓶につめて、醤油をそそげばできあがり。上に小さな葉を敷いてみた。

f:id:korukun9951:20180930173843j:plain
 ごはんに乗せてよし、豆腐に乗せてよし。早く漬からないかな~(*^_^*)


人気ブログランキング

にほんブログ村

世田谷アートフリマvol.30

 ちょっと前のことになってしまいましたが、9月22・23日、三軒茶屋キャロットタワーにおきまして、「世田谷アートフリマ」が開催されました。今回で30回目の開催!
 つくも堂まめ本舗も、豆本ワークショップで参加させていただきました。ワークショップだけでなく、販売もしましたよ~。

f:id:korukun9951:20180930140118j:plain

 今回は「世田谷線豆本を!」という依頼を受け、233写真部とのコラボレーション豆本「ラムラムトラム 世田谷線」のテキストを用意しました。

f:id:korukun9951:20180930140435j:plain
 2両の車両がつながって走る世田谷線は全部で10編成あるのですが、そのすべてのカラーリングが違います。ラッピング電車も電車も合わせると、11の電車を楽しめるんですね。
 今回『ラムラムトラム』では、その全車両を載せています。
 加えてこちら。

f:id:korukun9951:20180930141056j:plain
 奥付に使った写真ですが、これは世田谷線ジオラマ。作られたのは、円谷プロでミニチュアを手掛けていた佐々木朋哉さん。細かいところまで、じつによく作りこまれています! 現在、ギャラリー世田谷233に展示されています。
 ちなみに、世田谷233には私の豆本も置かせていただいております。この立派な本棚も、佐々木さんの作品なんですよ~!

f:id:korukun9951:20180930143315j:plain

 2日間で、豆本ワークショップに参加してくださった方は52名。珍しく、左利きの方はいませんでした。私のワークショップでは、左利き用のハサミも用意してあるのですが、今回は出番がありませんでしたね。

f:id:korukun9951:20180930143846j:plain


 完成した後の嬉しそうな笑顔を見ると、疲れは感じないですねー。

f:id:korukun9951:20180930143704j:plain


 せたがやじんもやってきました。ワークショップ中の子どもたちも大喜び!

f:id:korukun9951:20180930143646j:plain
 今回は世田谷アートフリマ30回を記念して、せたがやじんと握手すると、カンバッジがもらえました。かわいい(*^_^*)

f:id:korukun9951:20180930144008j:plain

 ワークショップが終わると、どっと疲れが出ます。こりゃもう、ビール飲むしかないですね~(^O^)

 


人気ブログランキング

にほんブログ村

 

 

川越 お墓参りからの神社仏閣巡り

f:id:korukun9951:20180816152255j:plain

 うちのお墓は、川越にあります。実家にいたころは車でバビーンと行っていたからよかったのですが、公共の交通機関でとなると、なかなかに不便な場所にあります。
 数年前から川越「シェアサイクル」が導入され「1日200円」という魅力的な謳い文句を目にします。けれど、よくよく説明を読むと、「40分以内に、各地に設置されたサイクルステーションに戻せば」という条件付き。観光スポットを巡るにはそれでいいのでしょうけど、私みたいな用途だと、ものすごく高くつくことになります。

f:id:korukun9951:20180816152739j:plain
 探してみたら、1日700円で自転車を貸してくれるところがありました。夜7時までに返せばOK。今回はここを利用しました。

レンタルサイクル | サイクルセンターしも

 お墓参りを無事済ませたら、最初の神社は、お墓のすぐ脇にあります。
 下小坂白髭神社。御祭神は猿田彦命。小さな神社ですが、2本の大きなクスノキの間を通って参拝する感じが、とても神秘的です。お墓参りに行くと、必ずここにもお参りします。

f:id:korukun9951:20180816153651j:plain

f:id:korukun9951:20180816153711j:plain

 自転車にまたがり、小畔川を渡ると、小さな神社がありました。いつもはバスで通り過ぎてしまいますが、今日は立ち寄ることができます。

f:id:korukun9951:20180816154119j:plain
 ここは天満宮なんですねー。奥に小さな公園が見えました。

 さらに進んで、菓子屋横丁の手前。稲荷神社があります。ここは六塚稲荷神社。御祭神は豊受姫命

f:id:korukun9951:20180816154424j:plain
 拝殿裏にお狐様がおりますが、なかなか雰囲気あるたたずまいです。

f:id:korukun9951:20180816154658j:plain

 次は縁結び風鈴で有名な、川越氷川神社……のつもりだったのですが、私、方向音痴でありまして(苦笑)。
 道を間違え、偶然行きついたのがこの神社。小久保神明神社。御祭神は天照大神豊受姫命

f:id:korukun9951:20180816154837j:plain
 狛犬、いい表情ですね。

f:id:korukun9951:20180816155914j:plain

 スマホで地図を確認し、今度こそ氷川神社へ。

f:id:korukun9951:20180816160021j:plain
 御祭神は素盞嗚尊、寄稲田姫命大己貴命、脚摩乳神、手摩乳神。
 お盆休み中ということもあり、すごい人出です! 縁結びということ、風鈴のインスタ映えという効果で、若い女性が多かったです。
 境内社柿本人麻呂神社がありました。狛犬、どちらも頭頂部に凹みあり。

f:id:korukun9951:20180816160310j:plain
 張り子のタイを釣りあげるおみくじがあったので、引いてみました。大吉!

f:id:korukun9951:20180816160536j:plain
 人型流しや犬岩もあり、いろいろ見て回るところがあるのですが、この日はとにかくひどい人混み。御朱印をいただき、ゆっくり見るのはまた今度にしました。

f:id:korukun9951:20180816160648j:plain

 御朱印は混雑する時期は、予め紙に書かれたものをいただくようです。
 帰りは大鳥居から。って言うか、来たときは気づかず、駐輪場からすぐ見えた鳥居から入ってしまいました。

f:id:korukun9951:20180816160949j:plain

 続いてやってきたのは、喜多院。御本尊は阿弥陀如来です。

f:id:korukun9951:20180816161055j:plain
 手水舎の龍も立派です。

f:id:korukun9951:20180816161317j:plain
 参拝を済ませ、御朱印をいただきました。

 喜多院の境内を抜けると、仙波日枝神社があります。御祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)。山の地主神であり、農耕(治水)を司る神様だそうです。 

f:id:korukun9951:20180816161435j:plain
 参拝すると、お賽銭箱の脇に御朱印が入った箱がありました。初穂料200円をお賽銭箱に収めると、1枚いただいていいそうです。日付は自分でいれることになります。

 再び喜多院の境内を抜け、お隣の成田山川越別院へ。骨董市ではよく来ているお寺ですが、そうでないときに来たのは初めてかも? 御本尊は不動明王です。

f:id:korukun9951:20180816162032j:plain
 境内には恵比寿天のお社もあります。水琴窟の不思議な音色を聞きながらお参り。

f:id:korukun9951:20180816162257j:plain
 その隣には稲荷神社。味のあるお顔のお狐様。

f:id:korukun9951:20180816162409j:plain

 社の彫刻が、なにやらすごい人が彫ったのだそうです。

f:id:korukun9951:20180816162521j:plain
 どれどれと脇も見てみたら、猫が瞑想中でした。

f:id:korukun9951:20180816162646j:plain
 こちらでは御朱印は、成田山のものと、恵比寿天のものがいただけます。恵比寿天の御朱印は予め用紙に書かれたものになります。

 自転車を走らせていると、蓮馨寺にたどり着きました。呑龍さまと親しまれているようです。木製の巨大青竜刀が目を引きました。

f:id:korukun9951:20180816163156j:plain
 手水舎の龍は、つぶらな瞳。

f:id:korukun9951:20180816163318j:plain
 参拝後に、御朱印をいただきました。

 さらに自転車を進めて、銭洗い弁天で有名な熊野神社へ。御祭神は伊弉冉尊、事解之男尊、速玉之男尊。
 この日は茅の輪くぐりがやっていました。

f:id:korukun9951:20180816163728j:plain
 輪をくぐってからご参拝。境内社厳島神社にもお参りして、小銭を洗いました。

f:id:korukun9951:20180816163909j:plain
 御朱印は、熊野神社厳島神社のものがいただけます。

 川越には神社仏閣はまだまだありますが、とても1日では回りきれないので、この日はこれで終了。
 最後に、松本醤油に寄ります。我が家ではここの「はつかり醤油」を愛用しているので、川越に来たら必ず買います。そんな話をレジの方にしたら、おまけにミニボトルをくださいました! 嬉しい!
 こりゃあ、もう、コエドビールで乾杯ですね。

f:id:korukun9951:20180816164236j:plain


人気ブログランキング

にほんブログ村

お話作り・豆本作りワークショップ in 池袋コミュニティ・カレッジ

f:id:korukun9951:20180715181950j:plain

 今回、受講者は少なかったのですが、ある意味ちょっと助かりました。と言うのは、新しい試みをしたので、受講者が少ない方が目が行き届くからです。
 今回は最初に、お話作りの基礎「起承転結」について話をしました。お話は必ずしも起承転結である必要はないのですが、骨格を説明するには便利なアイテムです。
 解説だけでは退屈ですね。なので、4コママンガを描いてもらいました。例題付きのプリントを配り、白紙のマスに、自分で考えたマンガを描いてもらいます。

f:id:korukun9951:20180809104721j:plain
 さて、4コママンガを描いてもらうだけでいいのでしょうか? もうひとつ、ひねりがほしいですよね。そこで、こんなものを作ってもらいました。
 パタパタと切れ目を開いていくと、四つの画面が次々現れ、また最初に戻る不思議なカード。名称がわからないので「パタパタ」と呼んでいます。
 この見本を作るのにはけっこう苦労しました。分割した絵の配置を間違えたり、裏表がずれてしまったり……6回ほど作り直して、ようやく完成。

f:id:korukun9951:20180809111021j:plain


 白紙のパタパタを作ってもらい、そこに下書きで描いた4コママンガを描いてもらいました。
 下書きの段階ではアイデアがぜんぜん生まれてこない子もいました。
「じゃあ、お話にしなくていいから、好きな動物を四つ描いてみよう」
 そう言うと筆がようやく動き始めます。手が動いたら頭も動き出したようで、パタパタにはちゃんと4コママンガを描いてくれました。

f:id:korukun9951:20180809110658j:plain
 逆に、アイデアが湧きすぎて、下書きマンガをいくつも描いて本番を仕上げる時間が足らなくなる子も……。自宅で仕上げてもらうことになりましたー。

 パタパタ作りのあとは、いつもの豆本作り。蛇腹折りの簡単な豆本を作ります。
 1冊めは、こちらで用意したテキストを使って、作り方の手順を知ってもらいます。

f:id:korukun9951:20180809110814j:plain
 2冊目は、絵のみ描かれたテキストに、自分で考えたストーリーを書き込んで、セミオリジナルの豆本作り。同じ絵でも、ひとりひとり違うお話が生まれるので、楽しいです。

f:id:korukun9951:20180809111847j:plain
 みんな、集中して書いてくれました。にっこり。

f:id:korukun9951:20180809112003j:plain
 コルクンたちも応援(じゃま?)しました~。

f:id:korukun9951:20180809112434j:plain
 白紙の豆本テキストをお土産に。これは夏休みの自由研究として提出できますねー。
 これを機に、豆本作り、お話作りを楽しんでもらえたらいいなー。

 


人気ブログランキング

にほんブログ村

世界にひとつだけの豆本をつくろう!

 7月30日、池袋コミュニティ・カレッジにおきまして、小学生向けのワークショップを開きます。

f:id:korukun9951:20180715181950j:plain


 3cm×3cmの、折り本形式の豆本を作ります。まずは用意したテキストで作ってもらい、手順がわかったら、完全オリジナルの豆本作りに挑戦!

f:id:korukun9951:20180715182352j:plain

 小学1年生以上のお子さんが対象のワークショップです。保護者のかたの付き添いもOKですので、お子さんが豆本作りをしている姿を、写真に収めてくださいね。

f:id:korukun9951:20180715182704j:plain
 10:30~12:30、13:00~15:00の教室があります。
 用意する物はありません。手ぶらでお越しください。
 詳しくはこちらをご覧ください。

10:30~12:30 

https://cul.7cn.co.jp/programs/program_784023.html


13:30~15:30

https://cul.7cn.co.jp/programs/program_794994.html


 夏休みの自由研究にいかがでしょう?
 お待ちしておりますので、よろしくお願いいたします!
 ちなみに、アップしてある写真は、池袋コミュニティ・カレッジの8階9階の各ロビーに展示されているコルクンでーす。

f:id:korukun9951:20180715181856j:plain



人気ブログランキング

にほんブログ村