読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・どんぐりも背くらべ

童話作家・九十九耕一のブログ

日本橋・福徳神社

神社仏閣 日記

 正月三日、日本橋に出かけることになったので、福徳神社に初詣に行ってきました。COREDO室町にある、小さな神社ですが、初詣の参拝客でにぎわっていました。

f:id:korukun9951:20170105101755j:plain

f:id:korukun9951:20170105101830j:plain
 新しい神社のように見えますが、御由緒によれば、貞観年間(859~876)には鎮座していたというのですから、相当古い神社ですね。「芽吹稲荷」とも呼ぶのかな? いただいた御由緒のプリントには「芽吹稲荷」の文字もありますが、とくに註釈がないので不明。
 稲荷神社ですから、主祭神倉稲魂命(うかのみたまのみこと)。相殿として天穂日命(あめのほひのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)、少名彦名命(すくなひこなのみこと)、事代主命(ことしろぬしのみこと)、三穂津媛命(みほつひめのみこと)が、合祀として弁財天、太田道灌徳川家康が祀られているそうです。

 行列かちょちょっと抜け、手水舎で手と口を清め、またちょちょっと戻ります。でも、見ていると、行列の7割くらいの人は、清めずに参拝してしまうようですね。知ら愛のはしかたないとして、清めてる人もいるのだから、見よう見まねでもいいから、作法に則るべきなんじゃないかなぁ?

f:id:korukun9951:20170105103408j:plain

 ここの神狐は、宝珠と鍵をくわえていました。

f:id:korukun9951:20170105103810j:plain

 新年のご挨拶を済ませ、おみくじを。さてさて、どんなお言葉がいただけるのでしょう?

f:id:korukun9951:20170105110113j:plain
 末吉! えー、おみくじに順位をつけるなら、大吉、中吉、小吉、末吉、凶、大凶だそうでして……。順位的にはあまりよくないのでショックを受けますが、内容をよく読むと、そうでもないです。例えば「願望 気長に構えるべし いずれかなう」とか「学問 全力を尽くせ 今なら開花する」とか「病気 心穏やかに 治る」などなど。気になることと言ったら「対人 疑念を抱かれる」くらいでしょうか。
 おみくじは木の枝や、それ用に張ってある紐に結んで帰る人もいるようですが、私は新年最初のものは財布にしまって、1年間持っていることにしています。

 社務所に御朱印をお願いしたところ、40分ほど待つと言われました。この混みようですから、それもそうでしょう。

f:id:korukun9951:20170105111222j:plain
 ここは幸い、待ち時間の間に見て回れるところがたくさんあります。お隣のCOREDO室町を探索。1階ににんべんのショップがあり、お出汁を100円で飲めるので、ちょっと1杯。塩と醤油で味付けをしてすすると……うまっ! なんだか、力が湧いてくる味だなぁ。

f:id:korukun9951:20170105112016j:plain


 なかなか楽しい初詣でした(*^_^*)


人気ブログランキングへ

にほんブログ村

2017年年賀状

日記 九十九耕一 つくも堂まめ本舗

 あけましておめでとうございます

 今年の年賀状、酉年ということで、このように刷りました。

f:id:korukun9951:20170105095525j:plain
 今年も、縦書きのお正月っぽい短い文章を添えました。行頭と行末の赤い文字を左から右に読むと「あけまして とりのこえ」となっています。

 童話作家・九十九耕一。豆本作家・つくも堂まめ本舗。
 本年もよろしくお願いいたします。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村

ようこそ! セツコの部屋へ

つくも堂まめ本舗 九十九耕一 日記

 12月19日、池袋コミュニティ・カレッジの講座「ようこそ! セツコの部屋へ」に招かれ、イラストレーター・田村セツコさんと対談をしてきました。

f:id:korukun9951:20161220112955j:plain
 田村さんとは、ストーリーゲートで知り合いました。「ストーリーゲート」とは、ネットで見せる紙芝居のようなサイトです。私も田村さんも、そこで作品をいくつか手掛けております。
 そのサイトの試写会の際、初めてお会いしました。そのときは『トゲなしサボテン』が上映されたのですが、田村さんがとても気に入ってくださって、たまたま持っていた同作の豆本をお渡ししたのが、ご縁の始まりです。

「ようこそ! セツコの部屋へ」は、毎回ゲストを招いて、田村さんと対談する講座です。
 僭越なことですが、田村さんとは、どこか同じ匂いを感じています。いたずらっぽい要素を、多分に含まれた方なのです。

f:id:korukun9951:20161220113853j:plain
 せっかくなので今回、受講された方々に、豆本作りを体験していただきました。
 いつもはカッターやハサミでテキストを切るところから始めるのですが、今回は時間短縮のため、あらかじめ切ってあるものを用意しました。

f:id:korukun9951:20161220113837j:plain
 カメラの設定がなんだか変わってしまったらしく、暗い写真になってしまいました(^_^;) でも、雰囲気は明るかったですよ。

 対談では、童話創作について、豆本作りについて、「いたずら心」は大切、といった話になりました。みなさん、メモを取りながら聞かれているのには、驚きました。メモを取るに値する話ができていたでしょうか(汗)。
 いろんなタイプの豆本を持ってきたので、それも見てもらいました。豆本に興味を持ってくれるといいな~。

 クリスマスも近いので、ささやかなプレゼントを用意していきました。中には折り本式の豆本が入っています。喜んでもらえて、よかった!

f:id:korukun9951:20161220114357j:plain

 講座の後は、田村さんにちょっと飲みに連れていってもらいました。
 そこには出版社の編集長も来ておられました。田村さん、なんでも4月に新しい本を出版するらしく、その追い込みで忙しいらしいのです。
 私は他の方々と別のテーブルでおしゃべりしていたのですが、田村さん、ちょいちょいこちらにやってきてくれました。打ち合わせ、大丈夫だったかな?(^_^;)

 手塚治虫記念館で開催中の「マルチクリエイター 松本かつぢの世界展」のフライヤーをいただきました。絵は田村セツコさん。じつは松本かつぢさんは、田村さんの師匠なのだそうです。「くるくるクルミちゃん」は、田村さんに大きな影響を与えたそうですよ。
 この展示は、来年2月20日まで開催しています。ご興味のある方は、行かれてみてはいかがでしょう?

www.city.takarazuka.hyogo.jp

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村

東逸子個展 ヘルシニア~光の残響~

日記

 東逸子さんの個展を観てきました。

東逸子 個展 ヘルシニア~光の残響~Kanon des Lichts der Hercynian


 東さんの絵には、いつも、はっと心をつかまれます。
 初めて原画を観たときは、絵と私の間に、時間とか空間とかが消えてしまったみたいでした。
 私はお話を紡ぐ者なので、物語が見える絵に惹かれます。これは私個人の感覚なのですが。具体的に物語が浮かんでくるということでもなく、物語の音が聞こえると言うか、空気を感じると言うか……。
 東さんの絵は美しい。細密。でもそれだけではなく、私の奥のなにかが揺さぶられる感じがするのです。描かれたまつ毛の一本一本が愛おしくなるような、遠くに描かれた星の一粒を懐かしく感じるような、不思議な感覚です。なにか、音が聞こえます。
 興味を持たれた方、どうぞ観てください。



にほんブログ村

ミスドの袋でブックカバー

つくも堂まめ本舗 日記

 ミスター・ドーナツの紙袋でブックカバーを作ったらかわいいだろうと、前々から思っていました。でも、ドーナツ入れたら、油染みがついちゃうので、今まで実行できずにおりました。
 でもね、少しだけ勇気を出しましょう。ドーナツを買うついでに、「紙袋、1枚いただけませんか?」と、店員さんにお願いしたところ、快く譲ってくれました!
 今回は、客席で、道具を使わずに済むブックカバーの作り方を紹介します。

f:id:korukun9951:20161127144908j:plain
 カバーをかけたい本を持って行くといいですね。
 今回はB6判のハードカバーの単行本を持って行きました。

f:id:korukun9951:20161127145223j:plain

 まず、袋の底を、丁寧に開きます。

f:id:korukun9951:20161127145132j:plain

 次に「株式会社ダスキン」と書かれている側の袋側面の中央を、ビリビリと破きます。こちら側の側面部分は捨ててしまうのですが、まず中央を切り裂いておくと、作業がしやすいです。

f:id:korukun9951:20161127150021j:plain

 続いて、今破いた側の側面の折り跡部分を爪でよくしごき、丁寧に破いていきます。側面部分を、完全に取り除いてしまいましょう。

f:id:korukun9951:20161127150252j:plain

 袋の底部分を、本体折り跡から、だいたい35mmくらいのところを折り、爪でしごいて、丁寧に破り取ります。

f:id:korukun9951:20161127150338j:plain

 ここまできたら、もう完成したも同然!
「mister donut」のロゴの下の折り目と、本のカバーの下部を合わせます。背の中央も合わせましょう。
 しっかり合わせたら、紙袋の上部を折って、本のカバーを包みます。

f:id:korukun9951:20161127150907j:plain

 本の本体と合わせたら、できあがり! 背の赤が、いいアクセントになっています! スヌーピー好きでなくても、ちょっと嬉しいブックカバーじゃないでしょうか?

f:id:korukun9951:20161127151036j:plain
 「mister donut」のロゴもかわいいでしょ?

f:id:korukun9951:20161127151403j:plain

 ミスドの紙袋には、もうひと回り大きいものもあります。私は知らなかったのですが、店員さんが親切で気の利く方だったので、そちらもくれました。オレンジなんですね。たぶん、スヌーピー・コレクターだと思われたのでしょう。コレクターではないけれど、気持ちが嬉しいな。
 こちらの紙袋は、A5判の本のブックカバーにいいようです。

f:id:korukun9951:20161127151842j:plain
 作り方は同じで、こんな感じになります。

f:id:korukun9951:20161127151920j:plain

 さあ、本をかわいく着飾りましょう! あんまりお金もかからないし!

f:id:korukun9951:20161127152034j:plain

 余談ですが、今回紙袋をくれた店員さんは本当に気の利く方でした。私はカフェオレ、妻はロイヤルミルクティーを注文したのですが、ささっとわかりやすくしてくれました。
 こういう気遣い、嬉しいな~(*^_^*)

f:id:korukun9951:20161127152343j:plain


人気ブログランキングへ

にほんブログ村

「GUSTAVE くん by HIGUCHI YUKO」

日記

 銀座・ポーラミュージアムで開催中のヒグチユウコさんの個展「GUSTAVE くん by HIGUCHI YUKO」を観てきました。

f:id:korukun9951:20161010124724j:plain

higuchiyuko.com


 原画が多数展示されていて、見入ってしまうのと同時に、ちょっと笑ってしまいます。
 原画の細かさは、ムーミンの原画を観たときを思い出しました。
 楽しい展示でした。ギュスターヴくんの仮装もできます(^_^;)

f:id:korukun9951:20161010124810j:plain




人気ブログランキングへ

にほんブログ村

展開図に魅せられる

つくも堂まめ本舗 日記

 こちらは三重県の銘菓「関の戸」。380年間作り続けられているという、由緒あるお菓子です。初代・服部伊予保重は、服部半蔵と親戚だったという話も、小耳に挟みました(未確認情報です(^_^;))。古くから皇室御用菓子なり、従二位服部陸奥大掾の名を賜ったとか。それで店名が「深川屋 陸奥大掾」と記されているんですな~。
 デパートの催事で買ったのですが、ひと口食べて、思わず「おいし~!」と言ってしまいました。噛んだ瞬間はシャリッとした食感があり、すぐにふわっと和三盆の香りが広がります。これはおいしい!

f:id:korukun9951:20160925182401j:plain
 さて、味に感激した後は、箱に目が行ってしまいます。普段、豆本を作っているせいか、箱の展開図にも関心があるのです。

f:id:korukun9951:20160925182538j:plain

 こちらが「関の戸」の箱。外側の化粧箱と、内側のお菓子を並べる仕切の2パーツからなっています。
 注目は仕切のほうです。お菓子が斜めになるように、角度がつけられています。1枚の紙に切れ込みを入れ、折ったりはめたりしただけなのに、すごい!

f:id:korukun9951:20160925182959j:plain
 さっそく、ばらしてみました。

f:id:korukun9951:20160925183053j:plain
 すごいなぁ! つくづく感心してしまいます。
 箱って、楽しい!

 お菓子の包装ですが、こちらも構造を利用してかわいく、おしゃれにしています。

f:id:korukun9951:20160925183310j:plain

 袋の合わせ目を、うまく利用していますね~。合わせ目はたいてい、裏側にまわされますが、これは表にしています。これにより、表はおしゃれに、裏は読みやすくなっています。デザインと実用性が見事に一体化していて、嬉しくなってしまいます。

 ただでさえすごくおいしいお菓子なのに、その歴史に感心し、パッケージに感動し……。なんてお得な一品!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村