読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・どんぐりも背くらべ

童話作家・九十九耕一のブログ

ミスドの袋でブックカバー

つくも堂まめ本舗 日記

 ミスター・ドーナツの紙袋でブックカバーを作ったらかわいいだろうと、前々から思っていました。でも、ドーナツ入れたら、油染みがついちゃうので、今まで実行できずにおりました。
 でもね、少しだけ勇気を出しましょう。ドーナツを買うついでに、「紙袋、1枚いただけませんか?」と、店員さんにお願いしたところ、快く譲ってくれました!
 今回は、客席で、道具を使わずに済むブックカバーの作り方を紹介します。

f:id:korukun9951:20161127144908j:plain
 カバーをかけたい本を持って行くといいですね。
 今回はB6判のハードカバーの単行本を持って行きました。

f:id:korukun9951:20161127145223j:plain

 まず、袋の底を、丁寧に開きます。

f:id:korukun9951:20161127145132j:plain

 次に「株式会社ダスキン」と書かれている側の袋側面の中央を、ビリビリと破きます。こちら側の側面部分は捨ててしまうのですが、まず中央を切り裂いておくと、作業がしやすいです。

f:id:korukun9951:20161127150021j:plain

 続いて、今破いた側の側面の折り跡部分を爪でよくしごき、丁寧に破いていきます。側面部分を、完全に取り除いてしまいましょう。

f:id:korukun9951:20161127150252j:plain

 袋の底部分を、本体折り跡から、だいたい35mmくらいのところを折り、爪でしごいて、丁寧に破り取ります。

f:id:korukun9951:20161127150338j:plain

 ここまできたら、もう完成したも同然!
「mister donut」のロゴの下の折り目と、本のカバーの下部を合わせます。背の中央も合わせましょう。
 しっかり合わせたら、紙袋の上部を折って、本のカバーを包みます。

f:id:korukun9951:20161127150907j:plain

 本の本体と合わせたら、できあがり! 背の赤が、いいアクセントになっています! スヌーピー好きでなくても、ちょっと嬉しいブックカバーじゃないでしょうか?

f:id:korukun9951:20161127151036j:plain
 「mister donut」のロゴもかわいいでしょ?

f:id:korukun9951:20161127151403j:plain

 ミスドの紙袋には、もうひと回り大きいものもあります。私は知らなかったのですが、店員さんが親切で気の利く方だったので、そちらもくれました。オレンジなんですね。たぶん、スヌーピー・コレクターだと思われたのでしょう。コレクターではないけれど、気持ちが嬉しいな。
 こちらの紙袋は、A5判の本のブックカバーにいいようです。

f:id:korukun9951:20161127151842j:plain
 作り方は同じで、こんな感じになります。

f:id:korukun9951:20161127151920j:plain

 さあ、本をかわいく着飾りましょう! あんまりお金もかからないし!

f:id:korukun9951:20161127152034j:plain

 余談ですが、今回紙袋をくれた店員さんは本当に気の利く方でした。私はカフェオレ、妻はロイヤルミルクティーを注文したのですが、ささっとわかりやすくしてくれました。
 こういう気遣い、嬉しいな~(*^_^*)

f:id:korukun9951:20161127152343j:plain


人気ブログランキングへ

にほんブログ村