読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・どんぐりも背くらべ

童話作家・九十九耕一のブログ

伊藤正道さんの豆本

 先日、伊藤正道さん追悼文集『ぼくのなかのきみ』が届きました。仕事関係者だけでなく、友人、同窓生、ファンの方からの声が収められた冊子です。
 子ども時代からの伊藤さんの写真も載っていて、改めて伊藤さんを知ることができる冊子です。

f:id:korukun9951:20141123095108j:plain
 私も少し書かせていただきました。
 みんなが大好きな伊藤さんだから、できるだけ個人的なことを書こうと思いました。200字という短い制約の中に収めるには、なにを書いたらいいだろう? 個展を見た後、近くの喫茶店に入ったら、休憩を取る伊藤さんも偶然入ってこられ、おしゃべりしたことだろうか? giogio factoryの中庭で、のんびりストーリーゲート作品の打ち合わせをしたことだろうか? いろいろな場面が思い浮かび、200字に収めるのは、なかなか難しいことでした。
f:id:korukun9951:20141123101029j:plain

 悩んだ末、初めてお会いしたときのことを書きました。ストーリーゲート作品『ピザット、お届け!』の打ち合わせ。なぜか私は「伊藤さんは、いたずら心にあふれた人だ」と思い込んでいました。
 手許にあった伊藤さんの絵のポストカードにお話をつけ、それを豆本に仕立て、胸ポケットに隠し持って行ったのです。
 ひとしきり打ち合わせが終わった後、私はこう切り出しました。
「じつは今日、伊藤さんの絵がついた本を持ってきているんですが、サイン、いただけませんか? 小さくでけっこうですので……」
 快く応じてくださる伊藤さんの前に、「本当に小さいサインでけっこうですから」と、10円玉サイズの豆本を出すと、大笑いしてくれました。そして見返しに、本当に小さなサインをしてくださったのです。
 サインは数えきれないほどされているでしょう。けれども、私にくださったサインは、おそらく最小のものではないでしょうか?
 こちらがその豆本です。

f:id:korukun9951:20141123102426j:plain

 文集を開いてみると、200字をはるかにオーバーしている人もいましたが、それもまた微笑ましいです。伊藤さんへの想いが溢れて、オーバーしているのはわかっていても、書かずにはいられなかったのでしょう。伊藤さんもきっと、喜んでいると思います。

 伊藤さんの作品集が出版されました。その展示会が12月4日~9日、青山のGallery5610で開かれます。
 お出かけになってみてはいかがでしょう?

f:id:korukun9951:20141123103234j:plain


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村