読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・どんぐりも背くらべ

童話作家・九十九耕一のブログ

まちのパーラー

 急遽思い立って、相方と「まちのパーラー」へ。松重豊主演『孤独のグルメ』でも紹介されたこのお店は、西武有楽町線小竹向原駅から徒歩10分くらい。

f:id:korukun9951:20141013102130j:plain
 日曜だったこともあり、11時過ぎに着いた時点で1時間待ちの列ができていた。イートインのキッシュはすでに完売していて、サンドイッチのパンもバゲット、ホカッチャ、リュスティックの3種しか残っていなかった。すごい人気店なのです。

 ようやく席に座り、私はローストポークサンドのセットをバゲットで注文。相方はサルシッチャセット。

f:id:korukun9951:20141013102614j:plain
 サンドイッチのパンはすでに選択肢が少ない状態だったけれど、おいしいからぜんぜん問題にならない。最初からバゲットサンド狙いだったような気さえする。焦げているように見えるけれど、焦げていない。絶妙の焼き加減! ローストポークの量もたっぷりで「お肉、食べてます♡」という満足感が味わえる。ひと口食べると「とろけるおいしさ」と言うより「はじけるおいしさ」ですな。眠くても、目が覚める。
 相方のサルシッチャもスパイスが効いていて、お肉はこんなにもおいしいのかと思う充実感を得る。
 パンも肉もおいしい!
 次に来た時にはどちらを注文すべきか。そんな大問題を投げかけてくる。できればキッシュも食べたかった。次は平日か、もっと早くに行こう。キッシュを予約で取り置いてもらう作戦もあるみたい。

 デザートはくるみといちじくのパウンドケーキ、ショウガのパウンドケーキ。相方と1キレずつ交換して楽しむ。

f:id:korukun9951:20141013103909j:plain
 くるみ&いちじくは、ラム酒が染みてて嬉しいです! ショウガもしっとりしていて、ほっとする味です。
 パウンドケーキのお供に、私はドリップコーヒーを、相方はカフェラテを注文。カフェラテと言えば、表面のミルクの泡が非常に大事なわけです。
 ハートマークが描かれていたけれど、これ、飲み終えるまで消えませんでした。それは、泡がしっかりしているという、なによりの証拠! 最後に「スプーンで泡を食べる」というお楽しみにも、バッチリ応えられる1杯!
 胃袋満タン。幸せ気分で帰れるお店なのです。

 食後はぷらぷら歩いて江古田駅へ。
 途中「パーラー江古田」というお店がある。ここは「まちのパーラー」の姉妹店と言うか、本店?

f:id:korukun9951:20141013104738j:plain
 ここでもパンとビスコッティを購入。
 急な思いたちで出かけたけれど、どちらも相方が行きたがっていたお店なので、えいやと出かけて大正解な1日でした~。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村