読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・どんぐりも背くらべ

童話作家・九十九耕一のブログ

向島、甘味散歩

 ふらり向島散歩。よく晴れて、気持ちのいい日でした。河津桜も満開です。

f:id:korukun9951:20160228154857j:plain

 言問橋を渡り、牛嶋神社へご挨拶に行くと、結婚式が執り行われておりました。幸先いい感じ。

f:id:korukun9951:20160228155317j:plain
 三囲神社にもご挨拶に行き、いよいよ第一甘味ポイント・言問団子へ。

f:id:korukun9951:20160228155540j:plain
 630円で小豆、白餡、味噌餡の3種がいただけます。ちょっと歩いたから、お茶がおいしい。
 喉を少し潤したところで、お団子を。どれを最初にいただきますか? 0.5秒ほど悩み、まずは小豆に決定。続いて白餡、シメに味噌餡の順にいただきました。小豆、白餡は団子を餡で包んでいる形ですが、味噌餡のみ、白玉粉を餅状にしたもので餡を包んでいる形。白餡が、特においしいと感じました。

 団子を食べると、お皿の絵が見えてきます。都鳥。お皿は絵柄がいくつかあるんですね~。かわいい! 味噌餡を残すと、満月と都鳥というふうに見えますね。

f:id:korukun9951:20160228160653j:plain
 ようじの入っている袋もかわいいので、栞として使うことに。

f:id:korukun9951:20160228160821j:plain
 お会計を済ませると、お店の方に展示室も見るように勧められました。
 歴代のお皿などが展示されていて、なかなか楽しいです。

f:id:korukun9951:20160228161108j:plain
 展示品の中に、色紙に書かれた寄せ書きが。「花よりだんご」と書かれ、女性文人の名前が並んでいます。文壇女子会かな?
 ん? 宇野千代の隣、これって……。

f:id:korukun9951:20160228161247j:plain
 村岡花子だーっ!『赤毛のアン』大好きな私にとって、これは感激すべき出会い! 村岡花子が食べたお店で、同じ団子を食べられるとは!
 もう充分満足な思いではありますが、せっかく向島に来たのだから、長命寺の桜餅は逃せないのであります。

f:id:korukun9951:20160228161741j:plain
 緋毛氈の台でいただく桜餅は、風情がありますね。こうした雰囲気も含め、300円は安いでしょう。
 ここの桜餅は、葉が3枚使われているのが特徴。餡も甘すぎず、桜の葉の香りもよくて、3個くらいいけそう。でもここは上品に、1個にしておきました。言問団子の後だしね。

f:id:korukun9951:20160228162018j:plain
 ここにも文壇寄せ書きが。川端康成の名が目を引きます。

f:id:korukun9951:20160228162721j:plain

 このあと両国へ移動なのですが、その前にもう1軒。
 麩澤の麩饅頭を購入。5個1026円……だったかな? イートインはありません。まあ、言問団子と桜餅を食べた後なので、イートインがあってもお持ち帰りにしたでしょうが。
 抹茶といっしょにいただいました。本物の笹の葉で包まれているところも、うれしい。

f:id:korukun9951:20160228163444j:plain
 お麩なので、ちょっと変わった食感です。つるむにゅ。なんか、笑ってしまいます。
 5個入りなので、彼女とふたりで、最後の1個を奪い合いました(^_^;) ケンカしたくない方は、割り切れる数を買うことをオススメします。




人気ブログランキングへ

にほんブログ村