読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・どんぐりも背くらべ

童話作家・九十九耕一のブログ

ダイフェカーター

「ダイフェカーター」というのは、クリスマスから新年にかけて食べられるパン。「悪魔の牡猫」という意味だそうだ。おどろおどろしい名前ですね。
 その昔、ヨーロッパでは豊穣を祈るための儀式で、猫を生贄にしたそうだ。その習慣が、ダイフェカーターというパンが生まれたきっかけだという説もあるらしい。
 昨年、ツオップ(Zopf)で、シュトレンといっしょに注文した。こちらがそのダイフェカーターです。

f:id:korukun9951:20150123205605j:plain
 パンの文化史研究家・舟田詠子さんの依頼で、ツオップの店主が作ったパン。不思議なパンですよ~。
 手触りは、まるで革製品のような感触。
 薄くスライスして食べるのだけれど、爽やかなレモンの香りが広がる。
 食感はパンとクッキーの間くらい。でも、やっぱりパン。すごくみっちりしたパン。それでいて、ボソボソした感じはしないのです。

f:id:korukun9951:20150123210628j:plain

 舟田詠子さんの著書『誰も知らないクリスマス』(朝日新聞社)に、このパンにたどりつくまでのことが書かれているけれど、ミステリアスな雰囲気が漂っていて、面白いです。読んだら、そりゃあ、食べたくなりますよ~。
 ツオップのホームページには、こんな風に紹介されてまーす。
http://www.zopf.jp/Duivekater.html


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村