読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・どんぐりも背くらべ

童話作家・九十九耕一のブログ

立川・ゼルコバ

 前々から行ってみたかったパン屋さん・ゼルコバへ行ってきました。

パン工房ゼルコバ


 西武立川駅から徒歩15分。初めて降り立つ駅は、なんだかわくわくする。暑くもなく、寒くもなく、散歩にはもってこいの天気。

f:id:korukun9951:20141026231132j:plain
 お店は「西砂殿ヶ谷」というバス停のすぐ近く。なので、JR昭島駅から「くるりんバス」に乗るという方法もあるのだけれど、このバス、1時間に1本くらいしかないのです。西武線沿線に住む私には、西武立川から徒歩が最良のアクセス方法かな。
 平日だと、入口付近で野菜も売ってるらしいっす。


 看板の脇を通り、細い道を進むとすてきなお店が姿を現わす。

f:id:korukun9951:20141026232028j:plain
 着いたのは10時少し過ぎ。店の中には、すでにお客さんがレジ待ちをしていた。開店時間は8時なのです。ただ、開店と同時に行っても、まだ焼きあがっていないパンが多数あるだろうし、カフェの営業時間が11時からなので、私と相方はこの時間を選んだわけであります。
 我々の読みは大当たりだったんじゃないかな? ちょうどパンたちが出揃う時間だったようです。あれもこれもと買ってしまいました。
 店内も撮影していいと言ってもらったので、ちょっとご紹介。かわいいです!

f:id:korukun9951:20141026232830j:plain
 カフェスペースの窓辺に置かれている双眼鏡は、バードウォッチング用かな? お店の周囲は木々に覆われているので、野鳥も来るでしょう。

f:id:korukun9951:20141026233011j:plain
 この猫ストーブ! たまりませんな。猫足だし。

 カフェの時間まで、外のテーブルを借りて、買ったパンを食べて待つ。

f:id:korukun9951:20141026233212j:plain
 鳥の声も聞こえて、うーん、まるで高原。目と鼻の先に車道があるなんて、ちょっと忘れてしまう。
 外のスペースにも、猫がおりました。

f:id:korukun9951:20141026233417j:plain
 この肉球、猫好きにはたまらない。

f:id:korukun9951:20141026233457j:plain

「秘密基地」ならぬ「秘密キッチン」もあった。おままごと用なので、水は出ません。念のため、コックを捻って確認しました。

f:id:korukun9951:20141026235803j:plain


 今回もナイフ持参で来たので、パンを切り分けて食べながら、カフェオープンを待ちました。

f:id:korukun9951:20141026233625j:plain
 溶岩窯で焼いたパン。皮がとてもおいしい!
 紫いもとかぼちゃがたっぷり入った「野菜のカンパーニュ」は日曜限定のパン。カレンズの酸味がアクセントになっていて、おいしい!
 いちじくとクリームチーズのパンは焼き立てを食べることができました~。

 けっこうしっかり食べてしまい、このまま帰ってもよかったのだけれど、「店内で食べる雰囲気」も味わいたい。カフェオープンと同時に店内に移動。
 野菜のスープを頼みたかったけれど、残念ながら今日は無かったので、コーヒーで。もちろん、買ったパンを食べることができる。頼めば切り分けてもくれるみたいだ。

f:id:korukun9951:20141026234538j:plain
 手前に写っているのが黒蜜バターサンド。黒蜜が染みてて、これがまたパンと相性がいい! 表面のひまわりの種が香ばしいアクセント。コーヒーとも合います!
 すっかりお腹も膨れたところで、ふとレジを見ると長蛇の列。パン、いっぱい買っておいてよかった。カフェでのんびりして、「うーん、もう1個パン食べようかな?」なんて思っても、この列に並ばなければならないとなると、諦めざるを得ないでしょう。カフェを利用するなら、パンは多めに買っておこう!

 満腹満喫。でも、帰る前には裏庭も見ておこう。そこには人懐っこいヤギがおります。

f:id:korukun9951:20141026235636j:plain

 パン祭りはまだ終わらない!
 帰宅後の夕食。バゲットを切り分け、ハンバーグと茹でウィンナーで締めくくり。
 カブと白菜の豆乳スープ、ちょっと火を通しすぎて、豆乳がもろもろしちゃったのが残念。

f:id:korukun9951:20141027000101j:plain


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村