読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・どんぐりも背くらべ

童話作家・九十九耕一のブログ

うずらの卵アート

 先日、うずらの卵を8パックもいただいた。じつは箱を落としたかなにかで、割れてしまっているものも入っている「難あり」の品。売り物にならないからといただいたのだけれど、うちとしては大歓迎だ。
 全部のパックを開け、チェックしてみたところ、無事な卵は67個もあった。すべてゆで卵にして、八宝菜に入れたり、味噌漬けにしたりして楽しむつもりだ。ありがたいなぁ。

f:id:korukun9951:20140619183927j:plain


 じつは、うずらの卵の模様に興味がある。模様をよく見ると、たまに何かの絵に見えるものがあるのだ。そういうのを見つけたら、写真を撮っている。
 例えばこれ。

f:id:korukun9951:20140619184255j:plain

 なんとなく、パンダに見えません? 上部に耳、目、鼻があり、中ほど左寄りに腕が……。「うーん、見えなくもないけど……」という程度なんだけどね。

 こんなのもある。

f:id:korukun9951:20140619184517j:plain
 中央なんだけれど、子を抱く母の姿に見えないかなぁ。

 ミッキーマウスの横顔なんてのもある。

f:id:korukun9951:20140619184635j:plain

 そんなわけで、うずらの卵を買うと、いろんな方向から見てみるわけですよ。
 残念ながら、今回の卵には、絵に見えるものはなかった。なかなか厳しい確率なのです。
 あ、ちなみに、割れていた卵も、おいしくいただきました~。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村